猫又屋 メニュー

ドリンク

桜と紅茶のフィズ

4月限定カクテル「桜と紅茶のフィズ」です。

TEAraがもつ純粋な茶葉の香りに、ふんわりとした桜の味わいを加えた炭酸入りカクテル。

 

880 円

ユートピア(ver.1)

7月下旬~8月に公開予定の新井洋史のPV「ユートピア」の簡易バージョン。

音楽には世界的なドラマーの小山太郎さんを迎え、新進気鋭なカメラマン黒田和義さんの撮影を行った。現在編集中。

PVで紹介しているカクテル「TEAra JASMINE」が国際的なコンペで最高賞を受賞した記念として

GWの期間のみ、提供している。

 

桜のチーズケーキ風カクテル

毎年4月に作る「桜のフローズン」ですが、今年はフレッシュチーズを加え

「レアチーズケーキ」をイメージして創作しました。

トッピングのグラノーラもサクサクした食感でデザートとしても楽しめるカクテルです。

(※金、土 & GW限定の商品となります)

 

980 円

猫又屋のモヒート

2012年 カクテルの世界大会でキューバに行った際、アーネストヘミングウェイが通っていた有名バー「ラ ボデギータ」「ラ フロデリディータ」にて作り方を教えてもらう。

猫又屋では日本の味覚に合わせ少しアレンジしているが、当店の看板メニューのひとつ。

880 円

東京スカイツリー®公認カクテル

アサヒビール株式会社より「東京スカイツリーの公認カクテルを作ってほしい」との依頼を受け創作した作品。
全国の居酒屋さんで提供する事も視野にいれたので「原価」「作り方」「材料」「驚き」「スカイツリーらしく」などを考慮して作った。

日本を代表するようなランドマークをイメージして作る機会はあまりないので、とても思い入れのある作品。

780 円

猫ハイボール

ハイボールブームの時に「猫又屋だけのオリジナルハイボールを作りたい」と思い、ウイスキーの銘柄・炭酸の種類・分量など相当な試作をし

ブラックアダー社が保有する「ロウカスク※」に辿り付く。輸入元のスコッチモルト販売株式会社の協力を得て、猫又屋の専用のウイスキーを供給してもらえる事となった。

※樽から注いだ原液を加水せず、また樽の内側の炭も混在している珍しいウイスキー

980 円

アップルロード

2008年、青森県・弘前市で開かれた「弘前カクテルコンペティション」に出品し、優勝した作品。

全国から「弘前の林檎」をテーマにレシピを募り、1次の書類審査、2次の味覚審査(一般のお客様100人によるファン投票)の結果

決勝で改めて400人のお客様に試技・プレゼンテーションも含めての味覚審査をして頂くという新しい試みの大会。

コンセプトは「岩木山から吹き降ろされた春風に乗せて、林檎の花の香りを届ける」といった弘前市にある名所「アップルロード」から命名した。
大会中に分かった話だが、地元の方曰く「岩木山からの吹き降ろしの風はない」と群馬の名峰・赤城山とは違う、地域の差を知った逸話が面白い。

 

(イベント日のみの提供・カレンダー参照)

980 円

ビタージントニック

2011年 カクテル世界大会でオランダ・アムステルダムに行った際、開催したルーカスボルス社のレセプションで急遽作る事になったカクテル。

甘さ控えめで、ハーブの苦味と香りが引き立つジントニックである。

680 円

チャイクーラー

2006年、2年に1度行われるノンアルコールカクテル(モクテル)の大会で準優勝した作品。
ダージリンクーラーというアルコール入りのカクテルから着想を得て、更にスパイシーさを組み込んだカクテル。

着想から僅か1時間でレシピを仕上げ、本番では自身初となる表彰台に登る事ができた。当店でも人気のカクテル。

680 円

オリエンタルレディ

2008年、ノンアルコールカクテル(モクテル)の大会で3位を受賞した作品。
前大会で準優勝した「チャイクーラー」の経験を活かし、半年間のレシピ調整をし、挑んだが前回よりも順位を落とし3位となってしまった。

「作っては壊し、また作る作業」が良いものを作れると思っていたが、インスピレーションが良く、評価される作品もまたある事を感じた大会となった。

個人的にはとても好きなモクテルである。

680 円
1
今日の予定